電子タバコを各銘柄毎に比較してみると

ひと口に電子タバコといっても様々な種類があり、単純に専用デバイスを使用して擬似タバコを吸うという昔の感覚からは違った印象を受けます。 以前ではあくまで嗜好品という名称のみであり、吸わない人には迷惑以外の何物でもなかったと同時に時と場所を問わずに吸っていたのが現状でした。 なかでも品質基準の厳しい国毎の特徴もあるので、その内容は千差万別であると言えます。 また健康を意識したものもあればよりスタイリッシュにこだわった逸品など、単純にニコチンとタールを摂取するだけの一般的な紙タバコとはひと味もふた味も違うデバイスや方法によってユーザーに提供されているのです。 これによってユーザーは自分自身のTPOやライフスタイルに応じた媒体を選択することが出来るので、非常に買い求めやすくなっているといえるのです。

電子タバコの魅力と特徴とはなにか

通常の紙タバコと違って物理的に火を点けなくてはならないという点がなくなったのが電子タバコの大きな特徴であり、一説には700度とも言われるタバコの火がなくなるというのは非常に画期的なこととなります。 火を使わないということは寝タバコなどで火事になってしまうこともないし、種類によっては煙がほとんど出ないとか出ても無臭なので着用している上着などに臭いが移る事も皆無となったのです。 なによりも実際に吸わない人が隣にいるシチュエーションで吸っても、気にならないのでリアクションにも繋がらないという利点があります。 また銘柄によってはカートリッジが無くなるまで吸い続けなくてはならないということもなくなり、普段は胸ポケットに入れておいて吸いたい時に2-3口吸ったらまた元に戻すということも可能なのです。

決定的な比較とメリットおよびデメリットとは

煙がでなかったり出てもタールの臭いがしない、吸ってても気にならないなどといい事尽くめですがもちろんメリットとデメリットが存在します。 気軽に吸えるこれまでのタバコと違いハードに予め充電を施しておかねばならなかったり、ある程度吸うと専用カートリッジが目詰まりしてしまうなどと手入れが大変なのがデメリットです。 メリットとしては臭いが気にならないし衣服にも付着しない、嫌煙者と同じ空間を共有することが出来るなどが挙げられております。 また前述したように危険さが伴わないので、トラブルに見舞われることもほぼないと考えられます。 このように安全性を重視したカートリッジ機構とソフト媒体の活用は、これからの喫煙社会に一石を投じる画期的な安心を提供するということに繋がるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加