電子タバコを利用しながら効率良くビタミン補給する

電子タバコとは一般的なニコチンなどを含む草を加工して、丸めたタバコとは違います。専用のカートリッジ(機器)にリキッドバーをセットして、自動で加熱させて吸います。実際に国内で販売されているリキッドバーにニコチンなどは含有していません。何故なら国内で販売する事を法律で禁止されているからです。しかし、専用のカートリッジにニコチンなどが含まれるリキッドバーをセットして吸うこと自体は違法ではありません。仮にニコチン入りを吸いたいと思った場合は輸入品を利用すべきです。 国内で販売されているリキッドバーにニコチンなどが入っていない代わりに、「水・グリセロール・プロピレングリコール・香料(天然もしくは化学、あるいは両方)」などが配合されています。吸っても体内のビタミンは減らない上に禁煙アイテムとして使う事が可能です。

吸ってもニコチンなどが入っていなければビタミンCは減らない

電子タバコを吸っても、リキッドバーにニコチンやタバコに関連した物質が入っていなければ、健康に関しては問題はありません。ビタミンCの損失はしないため、老化が促進したり、ガンを誘発させる事もないポイントがあります。タバコの増税に反応して、ハッキリと姿を見せ始めたアイテムですが、近年は特にブームの匂いを漂わせています。 タバコは体に悪いという事実は未だに覆せず、値上がりもして利用する者は大幅に減少しているのは特徴的です。実際にタバコを銜える癖が付いてしまうと、習慣化してしまい、簡単には止められません。 タバコは中毒性があります。依存も誘発させますが、いきなり吸う事を止めてしまうと禁断症状が発生したり、日常生活に支障を来してしまいます。しかも一本吸うたびにビタミンCが25mgから30mgほど失うのは痛いところです。

人に必要な栄養が配合された[タバコ(サプリ)]は体に良い

電子タバコに必要なリキッドバーにビタミンを配合させることも可能です。そこまで進行すればタバコの代用や禁煙グッズどころか、吸うサプリメントになります。現実的に国内は健康ブームがラッシュをかけていて、サプリメントは既に必要でなくてはいけない時代になりました。しかし、健康食品会社はマンネリ気味な様子を出していることは否定できません。そこでタバコの様に吸いながら、同時にレチノールやアスコルビン酸、酢酸トコフェロールやチアミン、リボフラビン、コエンザイムQ10などを補給できるのはメリットです。 リキッドバーを好きな様に変えられて、自由にニコチン入りやニコチン無しも選べる機能性は、消費者のニーズに沿っています。人は物を支配して自由に扱いたい欲求がありますから、理にかなったアイテムと見做せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加